FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
*世界には多すぎて
2006 / 10 / 29 ( Sun )
life.jpg

いつからだろう。
生きることは
死に場所を見つけることと
そう考えるようになっていた。

決して生を軽視しているわけではない。
命を無駄なものと考えているわけでもない。

「いかに生きるか」
ではなく
「いかに死ぬか」
「何の為に自分は命を落とせるか」
そう考えるようになっていた。

自分が大切にしてきたものが
裏切られ、壊され、
そして時に自身の手によって手放され、
失われるその瞬間を数えるのと同時に、
守るべきものを数えあげて安堵したのが
始まりだったか。
それとも或いは道に迷ったその時に、
先人の死に様を知って答えを見つけたのが
始まりだったか。
もうぼんやりして、覚えてはいない。

自分の中に守るべきものはひとつでいい。
それは信念とも芯ともいうのだろうか。
それにしたがって自分の外に守るべきものを
多くもつことができたら、それは
幸せというのかもしれない。

そのように考えると、自分は幸せであると、
本当に幸せであるとそう思う。
いくつもの守るべきものが、そこここに
笑い、はずんで、はしゃいで、そして
傷付き、迷い、涙にくれている。

二葉亭四迷が
ツルゲーネフ(Ivan Sergeyevich Turgenev)の
『片恋』を訳したとき
英語でいうところの「I love you 」を
「死んでもいいわ」と訳した。
守るべきと思えること、死んでもいいと
思えることが、愛であるのかどうか、
未熟な僕にはまだ分からない。
そして自分が愛に満ちた人間だとも到底思えない。
でも

「死んでもいい」

そう思えるものが
この世界には多くあり、ありすぎて
時に窮屈にはなるけれども、
それがあるから自分は生かされ、そして生きている。
そのように思うのです。

_____________________________________________________________

19 : 42 : 16 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<*それは夏の匂い | ホーム | *もっと>>
コメント
--いつのまに!--

みっけ!
怖いくらいに似たような死生観をもっています。
by: てっちょ * - * URL * 2006/11/02 * 22:40 [ 編集] | top↑
--めっかちゃった(笑)--

お久しぶり。
ベンチは生意気なだけでなく
気まぐれでもあるようです(笑)

違う場所
違う生い立ち
でも
同じ思想
それをもつ仲間の存在
それもまた
人を生かし生かされる
理由のひとつかもしれません。
by: PC * MQBY65AE * URL * 2006/11/03 * 07:01 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://planetcircus.blog42.fc2.com/tb.php/149-ece064dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。