全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
*まっさらに
2007 / 04 / 22 ( Sun )



さくらと名付けたらば
さくらとして

たんぽぽと名付けたらば
たんぽぽとして

彼らは人間の前で咲くのです。

もしも人が彼らに
もっと美しい名を与えたら

彼らはもっと
美しい花として咲くのでしょう。

もしも人がまっさらに
その花々を見つめたら
もっとまっさらに
彼らは咲くのでしょう。

飾らずに
美しく
愛らしく
彼らは咲くのでしょう。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 53 : 41 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
*目ぇ覚ませよ
2007 / 04 / 15 ( Sun )


電車の中
向いに座ったのは
おばあちゃんと小学生ぐらいの少女。
おそらく孫娘だろう。
微笑ましい景色。

微笑ましい景色…
のはずだった。

嬉しそうに語りかけるおばあちゃんの横で、
少女はおもむろに携帯ゲーム機を取り出す。
曖昧な返事。
相手を見ることのない目。
ゲームに奪われた両手。
ゲームに奪われた心。

何て残酷なんだろう。
少女には誰が教えるのだろう?
誰も教えないのならあるいは僕が…

やりきれない哀しみと逡巡を抱えて、
僕はただ、電車に揺られていた。



【追記】
電車絡み。
昔のことだ。
部活帰りの高校生。どうやら野球部。
すっきりした坊主頭、黒く焼けた肌。
うんうん。やっぱり高校生はこうじゃなくっちゃ。

ところが…

一人、二人と携帯電話を取り出し弄り始める。
しまいにゃ誰も話しちゃいない。
みんなちっちゃな画面とにらめっこ。

お前ら何で一緒に帰ってんだ?

大事なものって何だっけ?
記事を書きながら、その時感じた何ともいえない
寂しい心持ちを思い出した。

_____________________________________________________________

12 : 14 : 00 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。